ひとよしアプリ・アイデアコンテスト the 1st 概要

人吉市といった地方での生活を便利にしたり、楽しむためのアプリケーション及びアイデアを募集します。
詳細は、募集要項をご確認ください。

名称

ひとよしアプリ・アイデアコンテスト the 1st

作品募集期間

2015年12月24日(木)~2016年2月28日(日)

募集部門と賞




協賛団体からの副賞
協賛団体名 副賞
(一社)人吉温泉観光協会 人吉球磨のお土産セット
球磨焼酎酒造組合 球磨焼酎
高橋酒造株式会社 球磨焼酎
繊月酒造株式会社 球磨焼酎
HITOYOSHI株式会社 hitoyoshiシャツ
くま川鉄道株式会社 一日フリー乗車券
株式会社モバイルファクトリー オリジナルグッズ
ESRIジャパン株式会社 オリジナルグッズ
日本電気株式会社 熊本支店 オリジナルグッズ
西日本電信電話株式会社 熊本支店 オリジナルグッズ

※対象なしの場合もあります。

※各部門の詳細は募集要項をご確認ください。

コンテストスケジュール

2016年2月28日(日) 作品募集締め切り

2016年3月上旬 審査員による一次審査

※応募フォームの内容及びアプリケーション又はアイデアの概要をもとに書類選考します。

※一次審査を通過した方に、事務局から最終審査会のご案内をさせていただきます。

※一次審査を通過した方が最終審査会にお越しいただく場合、交通費の補助があります

2016年3月16日(水) 最終審査会


※最終審査会の翌日に「G空間×ICTシンポジウム in 人吉 the 3rd」を開催します。あわせてご参加ください。
「G空間×ICTシンポジウムin 人吉 the 3rd」について

一次審査通過作品

アプリ部門

作品名 応募者/グループ名
ヒットくんと写真撮影 奥田 昌夫
人吉ナビ 後藤 一人
観光ルート検索アプリ「Route Finder」 チームWorkShop
.maploy(マプロイ) dott
マプコXD
~マップでつなぐ、地域コミュニケーション!~
一関高専 チームおぼっち
高精度エリアレポーティングサービス Spaada microbase

アイデア部門

作品名 応募者/グループ名
次世代型婚活パーティ 小山 昭則
人吉・球磨A級グルメ大作戦 味舌 義男
相良三十三観音ARアプリ Glocal Students
防災無線被災者情報提供システム アジア航測株式会社
人吉市をイスラム教徒にとっての日本の玄関口に 有斐学舎 D チーム
地元特化コミュニケーションアプリきじうま 黒肥地 亮介
漢字で愛言葉 岩本 陵

最終審査会

2016年3月16日(水)

13:30~17:00(開場13:00)
場所:鍋屋本館(熊本県人吉市九日町22番地2) ⇒会場へのアクセス

※会場には駐車場がございません。公共交通をご利用いただくか、お車でお越しの場合は、周辺の駐車場をご利用ください。


プログラム

  • 13:00~ 開場
  • 13:30~ 開会・挨拶
  • 13:40~ アイデア部門プレゼンテーション
  • 14:15~ アプリケーション部門プレゼンテーション
  • 15:10~ 休憩/応募者によるアプリ・アイデアのアピール/オーディエンス投票
  • 15:40~ 特別講演
  • 16:10~ 結果発表・表彰式・全体講評
  • 16:50  閉会・記念撮影

  • 18:00~ 意見交換会【自由参加 会費制】(~20:00)
※時間は変更になる可能性があります。

特別講演

講演者:池田 大輔様 / 九州大学大学院 システム情報科学研究院 情報学部門 准教授
講演タイトル:「地域活性化のポイント〜情報学の視点から〜」

池田 大輔
プロフィール:
九州大学大学院システム情報科学研究院准教授。同博士後期課程中退、同大理学部物卒業。
専門は情報学で、データの解析(機械学習、マイニング等)とデータや知見を共有するインフラに関する研究に従事。リーダーを育てる大学院教育プログラム「決断科学」にも参画。

最終審査会・意見交換会のお申し込み

下記よりお申し込みください。


フォームからのお申し込みがうまくいかない場合は、 宛に、メールでお申し込みください。

    【メールお申し込み時に記載いただく事項】
  • 氏名
  • 氏名(フリガナ)
  • 所属(会社名、所属団体名、学校名等)
  • 部署名(学生の場合は学部名)
  • 役職
  • 地域(人吉市内または人吉市外)
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 「G空間×ICTシンポジウムin人吉 the 3rd」の参加(参加または不参加) ※開催日:3/17(木)
  • 「ひとよしアプリ・アイデアコンテスト the 1st 最終審査会」への参加(参加または不参加) ※開催日:3/16(水)
  • 「意見交換会」への参加(参加または不参加) ※開催日:3/16(水)

※「g-hitoyoshi[アット]kk-grp.jp」の"[アット]"を小文字"@"に修正してご利用ください。

※件名には、【ひとよしコンテスト最終審査会申し込み】を含めてください。

募集要項

アプリ・アイデアのテーマ

人吉市といった地方での生活を便利にしたり、楽しむためのアプリケーション及びアイデアを募集します。
アプリについては、スマートフォンやタブレットのネイティブアプリ、パソコン向けのWebアプリケーションなど、利用デバイスは問いません。
応募の際は、「人吉市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の基本目標のどれに該当するか、選択してください。
(応募フォームに選択欄があります)


『人吉市まち・ひと・しごと創生総合戦略』基本目標

・人吉市にしごとをつくり、安定した雇用を創出する
・人吉市に新しいひとの流れを作る
・若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる
・時代に合った地域・安全なくらし・地域と地域を連携する

※「人吉市まち・ひと・しごと創生総合戦略」については、こちらをご覧ください。

応募資格・条件

個人、グループ、法人を問わず、どなたでも、応募可能です。国籍、年齢、居住地等の制限もありません。
応募者(チーム)自身が制作したアプリケーション・アイデアに限ります。
そのほか、本ページの記載事項をよくご確認ください。

アプリ部門

人吉市といった地方での生活を便利にしたり、楽しむためのアプリケーションを募集します。
アプリケーションの概要とアプリケーションを提出してください。

■応募に必要な情報

1. 応募フォーム(応募者に関する情報)

 ※エントリーページからダウンロードしてください

2. アプリケーション概要資料(A4縦x3枚以内)

 ※様式は自由です。以下を記載してください

  ・アプリケーションの名称

  ・インストールまたは入手方法(Webアプリの場合はURL)

  ・アプリケーションの概要、使い方等

 ※アプリケーションスナップショットでも結構です。

 ※パワーポイントなど横の様式の場合は、ツーアップ可能です。

3. アプリケーション本体

 ※Webアプリケーションの場合は、アプリケーションのURLをお知らせください。

 ※ファイルサイズ合計が10MBを超える場合は、ファイル送信サービス(例:宅ファイル便、firestrage)等により別途送付ください。

■応募条件

下記のいずれかを満たすことが条件です

  • iOSアプリケーション:iOS6.0以上(iPhone / iPad / iPad mini のいずれか)で動作すること
  • Androidアプリケーション:Android4.2以上で動作すること
  • Webアプリケーション
     スマートフォン向けの場合:iOS6.0またはAndroid4.2以上の標準ブラウザで動作すること
     パソコン向けの場合:
      OS:Windows7、Mac OSX v10.9以上、ブラウザ:IE9以上、Firefox、Chrome、Safari

アイデア部門

人吉市といった地方での生活を便利にしたり、楽しむためのアイデアを募集します。
ラフデザインや企画の特徴をプレゼンしてください。

■応募に必要な情報

1. 応募フォーム(応募者に関する情報)

 ※エントリーページからダウンロードしてください

2. アイデア概要資料(アイデア名、アイデア概要をまとめたもの。A4縦x5枚以内)

※様式は自由です

※パワーポイントなど横の様式の場合は、ツーアップ可能です。

応募規約

応募規約をご確認ください

応募方法

エントリーページ上にアップされている「応募フォーム」をダウンロードし、応募者に関する情報等の必要事項を記入し、他の必須資料とともにメールに添付して、事務局までお申し込みください。
一次選考を通過された方には、メールにて最終審査会の詳細と、プレゼンテーション資料の送付先アドレスをご連絡いたします。

注意事項

  1. アプリ部門・アイデア部門ともに一次選考があります。
  2. 一次選考を通過された方には、最終審査会の詳細をメールにてご案内いたします。
    応募フォームには、代表者連絡先など必要事項を必ずご記入ください。

エントリー

エントリー方法について

「ひとよしアプリ・アイデアコンテスト the 1st」にエントリーいただきありがとうございます。
エントリーの流れは、下記のとおりです。

■STEP1.応募規約を確認してください。

 応募規約


■STEP2.応募フォーム(応募者に関する情報)をダウンロードしてください。

 PDF形式 / Microsoft Word形式

    

■STEP3.応募に必要な書類等を作成してください。

  • 応募フォーム(応募者に関する情報)
  • アプリケーション概要資料(アプリ部門:A4×3枚まで、アイデア部門:A4×5枚まで)
  • アプリケーション本体 ※アプリ部門のみ

※アプリケーション概要資料の詳細は募集要項をご確認ください

※応募フォーム、アプリケーション概要資料は、PDFファイル形式でお送りください。

※上記ファイルすべての受領をもって応募完了となります。


■STEP4.上記で作成した書類をメールに添付し、事務局までご送付ください。

送付先

ひとよし「まち・ひと・しごと」創りコンテスト・シンポジウム運営事務局

※エントリーの際は、「g-hitoyoshi[アット]kk-grp.jp」の"[アット]"を小文字"@"に修正してご利用ください。

※件名には、【ひとよしアプリ・アイデアコンテストエントリー】を含めてください。

提供データについて

提供データのご案内は、応募フォームにてご利用希望された応募者様に後日事務局より個別に連絡させていただきます。

審査について

審査員による審査と、オーディエンス(コンテスト最終審査会参加者)からの投票の結果、賞を決定します。

審査基準

以下の項目を各項目5段階評価で審査いたします。それぞれの合計で高得点者を絞り、一次審査通過を決定します。

■新規性 独自性や新規性(見たことがない、似たものがない、アプローチが斬新、等)の観点で評価します。
■有用性 課題解決に適したアプローチであるか、汎用性が高いまたはそれがあることで便利さや快適さを提供できるか等の観点で評価します。
■実現性 どの程度実現の可能性があるか、データ活用のアプローチが具体的であるか、実現のための前提条件(障壁)が少ないか、継続して利用がなされるか(持続可能性)等の観点で評価します。

【オーディエンスによる投票】

ひとよしアプリ・アイデアコンテスト the 1stは、コンテスト最終審査会会場のオーディエンス(応募者、一般参加者)の投票も加点します。
当日は、アプリ・アイデア各部門のプレゼンテーションの後、上記項目について優れていると思われるアプリ、アイデアに対し投票していただきます。

審査員

 審査委員長 松岡 隼人(Hayato MATSUOKA)/人吉市長

松岡隼人

(1)審査員プロフィール

熊本大学教育学部卒業。29歳の時に人吉市議会議員に初当選し、2期8年間を務める。
平成27年に人吉市長選に出馬し初当選。現在1期目。

(2)応募者へのコメント

本市は、日本遺産をはじめとした魅力ある地域資源が揃うまちです。一方、少子高齢化や人口減少が大きな課題で、若者をこの地域に留めるとともに、国内外の様々な地域から人を呼び込むことが重要です。ぜひ、みなさまから、本市のまちづくりの端緒となるアプリ・アイデアを期待しています!楽しみましょう!



 審査員 三谷 泰浩(Yasuhiro MITANI)/九州大学大学院 工学研究院附属アジア防災研究センター 教授

三谷 泰浩

(1)審査員プロフィール

九州大学工学部土木工学科卒業。九州大学大学院工学研究科修士課程修了。
民間会社に勤務後、九州大学大学院工学研究院助手、同大学大学院工学研究院准教授を経て、九州大学大学院工学研究院附属アジア防災研究センター教授に就任。現在に至る。

(2)応募者へのコメント

地方創生が唱えられる中、九州には、数多くのポテンシャルを有している素晴らしい地方・地域が存在する。今後の九州の発展のためにはこのような地域がつながっていくことが必要です。ここ「ひとよし」で、九州の未来を考える人たちがここに集い、これまでの枠組を越えたICT技術・G空間情報技術等による「地域を超えた連携」や「人と人とのつながり」が生まれてくるようなアイデアの提案がなされることを期待します。


 審査員 池田 大輔(Daisuke IKEDA)/九州大学大学院 システム情報科学研究院 情報学部門 准教授

池田 大輔

(1)審査員プロフィール

九州大学大学院システム情報科学研究院准教授。同博士後期課程中退、同大理学部物卒業。
専門は情報学で、データの解析(機械学習、マイニング等)とデータや知見を共有するインフラに関する研究に従事。リーダーを育てる大学院教育プログラム「決断科学」にも参画。

(2)応募者へのコメント

「情報」とは「気持ちやイメージを形にする」という意味です。アイデアやアプリという分かりやすい形にして、自分だけの地域への思い・こんな風にしたいといったビジョンを伝えてみよう!思いが強く明確であればあるほど、伝わりやすい形になるよ!!


 審査員 中神 寿一(Hisakazu NAKAGAMI)/一般社団法人 人吉温泉観光協会 事務局長

三谷 泰浩

(1)審査員プロフィール

熊本県立人吉高等学校卒業。平成21年5月より人吉温泉観光協会に勤務。平成25年7月より同事務局長に就任。九州相良疾風之会代表(人力車による地域づくり団体)、国指定重要無形民俗文化財「球磨神楽保存会」神楽師

(2)応募者へのコメント

幾ら観光素材が充実し基盤が整備されていても、それを動かして行くのは地域に住まう人である。観光は旬なものであり、地域の人材なくしてはお客様の満足度向上には繋がらない。技術の中身より「自分は何のために創造するのか、何に使ってほしいのか」という目的こそが最も重要であると考える。ここ「九州・熊本・人吉」から「人・もの・技術」の発信を期待したい。


主催等